るる_ららら

꒰⑅ᵕ༚ᵕ꒱˖ドラマや映画の感想など˖꒰ᵕ༚ᵕ⑅꒱

ドラマ『Believe-君にかける橋-』全9話 感想

 

ネタバレが入りますので、未視聴の方はご注意ください。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

まさか脱獄ドラマとは思わず、序盤の刑務所同房の仲間たちとのシーンが好きだったので、脱獄次第仲間たちとはそれっきりになってしまって悲しかったです。

そりゃ、捕まってから元同房と再会するわけないのはわかってるのですが。

脱獄してから捕まるまでが、物凄く長く感じて、いつ捕まるの?としびれをきらしそうに。

捕まっちゃった方が安全なのが見えていたので。

 

最終話は駆け足で進んでしまって大事なところがスッポリ抜けてしまった印象。

磯田社長(小日向文世さん)の裁判シーンとか南雲(一之瀬颯さん)の証言とかも見れると思っていただけに。

そして都知事(賀来千香子さん)が諸悪の根源なのに、お咎めなしって。

何かこう、企業にそういった悪事を持ちかける人がいたときに通報できるシステムとかあればいいのになぁと思いました。

相手が誰であっても。

そしたら未然に防げるのに。

権力ってそういうのに使ってほしくないし、揉み消しとかしてほしくない。

これじゃあ、結局は磯田社長が都知事の罪をかぶっただけじゃない。

それなら最初からそうしてほしかったけど、狩山(木村拓哉さん)憎しということで乗っかったのかもしれないと思うと。

 

何より狩山夫妻の貴重な時間を奪ったのが許せない。

人の人生何だと思ってるのでしょうか。

本当に自分の立場しか考えていない。

玲子(天海祐希さん)はフラグ立っていたのでやっぱりか…と悲しいしかないですが、橋のシーンはとてもよかった。

 

秋澤弁護士(斎藤工さん)が狩山の味方だったのはよかったけど、いい人風に締められていたのが解せない。

南雲と階段で揉み合って南雲が転落したことはなかったことになってる?

南雲は本当は覚えていて知らないふりしてるのかと思っていたけど。

南雲さえ覚えていなかったら、いいってこと?

故意じゃないからいいってことなのかな。

その辺、よくわからない。

南雲に、「実は…」と謝罪するシーンでもあれば違ったのになぁ。

それに狩山の味方なら、なぜ証拠品奪ったときにコピーしておかなかったのだろうか。

いろいろ謎は残りますが、黒木(竹内涼真さん)が格好よくて出てくるととてもわくわくしたので、何だかんだ楽しめたかなぁと思います。